立金花の部屋へようこそ



 ひがし茶屋街  風情溢れるかつての花街


この街並みは東山ともいい、狭い通りが幾重もあり

昔にタイムスリップいたします。

ゆったりと散策をお楽しみ下さい





今でも、一見さんお断りのお茶屋が残る

敷居の高い歴史ある茶屋街。




表通りの入口にある「見返り柳」は

遊郭と下界の境をあらわしています。





文政3(1820)年、ひがし茶屋街の誕生とともに建てられた

国指定文化財「志摩」

そして築190年の昔ながらの「懐花樓」




「木虫籠(きむすこ)」と呼ばれる美しい出格子





「志摩」   お寒かったでしょ、さっさっこちらへ