立金花のつぶやき6           
   TOPへ
中橋陸橋跡鞍月用水せせらぎ公園  JR北陸本線を間近に見る「金澤桜百景」。 JRは高架上を走っていて、以前はこの公園と同じ高さの所を線路が走り、その線路を跨ぐ陸橋がありました。
2020年4月7日(火)
まちなか三社町から中橋へ
白内障右目手術後検査で

行きは街中を通り、順調に終えて右目だけの点眼になった。

ルンルン気分で帰りは中央郵便局の裏から帰る事にした。

狭い路地を縫うように走る

三社町の由来となった「豊田白山神社」


境内の大きなソメイヨシノ

金澤が誇る町家



狭いながらも木蓮の花が天高く
届けと満開。








                  ムラサキハナナ
                

                JRが通る高架橋                          高架下を流れる鞍月用水



中橋陸橋跡の鞍月用水せせらぎ公園





カタクリの花  高さが15センチ位で一茎に一花を付け「春の妖精」と呼ばれている。「春の舞姫」と呼ばれるギフチョウにとって大切な蜜源でもある。
2020年4月4日(土)
「カタクリの里」平栗町へ
義母の実家がある金沢市郊外の平栗町。
平家の落人伝説がありそうだが定かでは無い。
カタクリの群生地で知られる。
筍の産地で一代を築いた集落は
どっしりした白壁の納屋に庭に咲く椿などの名花に
栄えた往時が偲ばれる、、、












トキワイカリソウ                                ショウジョウバカマ

  

タチツボスミレ

大乗寺丘陵公園  標高差83mの丘陵地が広がり金沢市街地と日本海までを見渡せる眺望が自慢 。桜、 梅、つつじ、あじさい、紅葉、萩、椿等が咲き、季節の移ろいを感じる事が出来ます ..
2020年4月4日(土)
〜思い思いに〜
待ちに待った桜の花見も、
今年はコロナウイルスの感染防止から
自粛が求められている。


夫はキャッチボール、私はカメラと思い出多い
大乗寺丘陵公園。
広い敷地内を思い思いに楽しむ光景に
一日も早い収束を願うばかり、、、




駅西駅西第一児童公園   桜が満開の公園、直ぐ側には広岡こども園があるが、コロナウイルス感染防止の為、誰もいなかった。
2020年3月31日(火)
二度目はむしろ、怖い、、
白内障の右目をする日、
快晴に恵まれて気持ちは高揚する。
待合室では術後、血圧が200に上がった方がいて、、
いえ、前にしたから大丈夫と思いつつ
いざ、手術室に入ると初めてと違う緊張感が。
前と違う映像じゃない?先生の指示は前と?胸が苦しい。
等、脳が勝手に試行錯誤してしまった。
「落ち着いていいですよ。」先生の言葉に安堵する。
その後は、経験した通りなので安心感は強く
娘が訪れたときは明るい声と顔だった。
エアリーフロ−ラ   石川生まれのフリージアで現在11種類の色があり、卒業・入学など新たな旅立ちを彩る花です。花言葉は「希望」
2020年3月27日(金)
「おばちゃ〜ん!!」埼玉で乙女に!
マンションお隣のIさんご家族が引っ越しされた。
4年生の娘さんが居られて声が可愛いかった。
合唱団に入っていてピアノの声も聞こえてた。(ベランダから)
去年の夏祭り、私はご当地音頭を踊りに櫓登り。
のどが渇いて体育館の方へ行くと
屈託のない笑顔で「おばちゃ〜ん」って可愛い声が。
活動的なお母様と一緒だった。
東京転勤で埼玉に里帰りされたIさん。
金沢の思い出も夢を膨らまして、素敵な乙女になってね。
ドイツ、ドレスデンにて    東欧旅行のドイツでの写真。大病をし奇跡を頂いた私との海外旅行が常になった。この頃から夫は肥りだしたか!
2020年3月21日(土)
ありがとう!あなた!!
月命日とお彼岸が重なった今日。
娘とお婿さんと三人でお墓参りに行った。
松の枯れ葉を掃きとって供花をし線香を焚く。
賑やかが好きな夫に寂しい供花だけど仕方がないね。
皆、年寄りになってあなたの事まで気遣い出来ないもの。
私と娘でいいでしょ。
これからの私達を見守ってねと願う。
夕焼け    マンション7階から夕日が落ちるのが見える風景、手前の灯りはパチンコ店。遠くの金沢市民野球場がはっきり見える。
2020年3月18日(水)
世の中が明るくなって!!
娘を会社に送って
私も眼科へタクシーが拾えなくて駅まで歩いた。
眼帯をするのだと思ったが裸眼でもう、視力が1.0に戻り
帰りはサングラスとマスクをして歩いて帰る事が出来た。
娘が帰って裸眼で炊事をしている私を見てびっくり。
「お母さん、もう、取れたの?私が世話する為に泊まりに来てるのに!」
「年寄り扱いしないで大丈夫。それじゃ、弱ってしまうわ。」
娘はその日、本当にうれしそうに乾杯してくれた。
手のシミも、顔のシミもしっかり見えて、わぁ、肌のケアをしなくちゃと思う。
ミモザ    ポンポンとしたお花が可愛いミモザ。春の到来を知らせる花木として深く愛されイタリアでは強さと女性らしさの象徴であるようです。
2020年3月17日(火)
白内障左目の手術
11時15分に家を出てS眼科に向かう。
独りであり歩きていくのも初めてなので心細い。
いつも側には夫がいてくれていたのだわ、、、

左目の局部麻酔に始まり、先生の声や周りの様子が解る。
左目はしっかり開けているので時に目がツンと痛い。
群青色の世界があり箱モノのような色物が次々と見える。
咳をしないように、息もしないように、
しかし、緊張はしないでと自分に言い聞かせた。
「はい、終わりましたよ。」順調に終えて15分くらいか?
ガーゼで左目を覆っていたので
帰りはタクシーで帰った。
左顔側が全く使えないので、娘が泊まってくれて良かった〜
2020年3月15日(日)
北陸新幹線開業5周年
2015年3月15日
待ちに待った北陸新幹線開業!
石川県民に春を届けてくれた「かがやき」である。
歴史ある風情が残る文化施設に多くの観光客が来て下さった。
また、東京方面に行く私達も時間短縮されて
東京が身近になりハイカラな気分になったものだ。

 
コロナウイルスの発生により、多くのイベントは中止。
節目の5周年記念イベントも中止になった。

お祝いの垂れ幕はなし


県が開発した「エアリーフローラ」

今年は、白色も増えて華やかに



旅立ちに相応しい「希望」の花言葉


駅西側はオリックス不動産の

大型複合ビル「クロスゲート金沢」6月に開業、

賑わい創出が







「広場の水景」や四季折々の花が旅人を癒してくれる。


2020年3月12日(木)
兼六園が見たくて
毎日、何処で患者が出たとか、イベント中止とか
コロナウイルスの情報はメディアを通じて拡散されて
私も、すっかり出不精になってしまった。
今日は、絶好の行楽日和もあって、兼六園へ行こうと決めた。
梅林は満開かしらと久しぶりにバスに揺られて、、

 摩耶紅


玉英 


豊後 




梅林はもう、散りかけていていたが青空に眩しく輝いていた。



威風堂々とした「根上の松」の後ろの湿地に

苔の埋め込みをしている園芸業者の皆さんが。



兼六園のシンボル「ことじ灯篭」




晴れた日には、遠く立山連峰が見え、日本海を望む「眺望台」



行き交う人々も笑い楽しむ様子に

思い切って来てよかった〜



2020年3月13日(金)
選抜高等学校野球大会中止
昨日、正式に発表された中止の知らせは
多くの高校野球フアンの皆さんをがっかりさせてしまった。
それよりも、選手の皆さんのショックは如何ばかりか?
コロナウイルスが及ぼす選手の命に係わる中止理由。
こればかりはどうすることもできない事か。

マンションから見える金沢市民野球場
思い切り出来る日が早く来ますように、、

2020年3月05日(木)
一念発起!
今日は、暦の上で「啓蟄」
春を察した虫達が
土の中から楽し気に出てくるのだそう。
一方、
世の中は、子供たちの賑やかな笑い声も無く
イベントが中止になっていく様子。
このままでは私の気持ちもと一念発起!
朝刊取りに7階階段上り。
お陰で体がポカポカになり、気分も爽快になった。

サイネリア  冬の定番鉢花で「シネラリア」という名前で呼ばれることもあるが、「死を連想させる」とのことでお見舞いにも向かない。
2020年2月26日(水)
Wパンチ
TVやパソコンも長く出来なくて
とうとう、白内障も限界になってきている。
今日は、3月17日左目、31日右目の手術に向けて
最終検査をしてもらった。
異常はなく、これからもカメラ、パソコンをするなら尚更
単焦点手術を勧められ保険適用にしてもらった。
世の中、そして石川県でもコロナウイルスが。
不安感が増す中での目の不自由は
何ともいたし方が無いのである。
2020年2月21日(金)
ポカポカ陽気(^^♪
夫の月命日の今日、朝から小春日和。
野田山へお墓詣りをしながら早春の景色に見惚れる。
大好きなカフェで一服し


花を買って春がもうすぐね♪
2020年1月29日(水)
能登はいらんかいね〜♪

晴れ女のMママと運転お任せのAパパ。
誘われて輪島へ能登牡蠣を食べに行った。
海の塩って辛いんだね!
アフアフ!熱くって食べられないけど食べなくちゃ!
サクサク、中はジューシー





お土産は「柚餅子」



7月から9月にかけて能登のキリコ祭りがはじまり、
各地でお祭りが催され、
巨大な燈籠「キリコ」が姿を現し街を練り歩きます。
カレンデュラ  和名ではキンセンカとも言い、殺菌、抗炎症、粘膜の保護、収れん、発汗、利尿があるハーブ。
2020年1月26日(日)
家族の絆
長兄の一周忌と母の33回忌が
実家で執り行われた。
滅多に会えない兄弟に親戚だが
会えば、私はねんねののっこちゃんに戻り
母と長兄の思い出に話が弾む。
母は、燃えるような人だった!兄は何処か優しかった。
思い出の庭にはもう、リュウキンカが咲いていた。


2020年1月16日(木)
冬、広場の水景

年末から年始、バタバタしていたので
か弱い体と気持ちがアンバランスになってしまった。
ようやく、癒えたので大好きな駅西の広場に行って見る。
此処は、いつ行っても癒しの風景に出会える!