立金花の部屋へようこそ

寺町寺院群


妙立寺(忍者寺 にんじゃでら)


江戸時代初期、金沢城の守りを固めることを目的に

浄土真宗を除いた各宗派の寺院が集められた。

「忍者寺」の異名を取り、観光スポットとして人気の

妙立寺をはじめ、兵舎代わりとなる70もの寺院が

迷路のように配置されている。

妙立寺は、いわば金沢城を守る要塞だったのです。





香林寺


慶安4(1651)年に加賀藩家老青木五兵衛が藩主に願い出て

建立した曹洞宗の寺院。

願掛け寺として人気で、十二支が点在する小道を巡り

を3周目に自分の千支の石造の前に参ると

願いが叶うとされる。







松月寺


江戸時代初めに越前から現在地に移った

曹洞宗の寺院。

加賀藩主前田利常が慶安元(1648)年に小松城から

城から移植した大桜が有名。