立金花の部屋へようこそ

金沢城公園



1592年、前田利家は

長男利長に命じて城作りが始まり

その時、城作りにかけては天下にその人あり

と言われた「高山右近」

 又、石垣作りは当時最高の技術を持っていた

近江の国の穴太村(あのうむら)の石工集団が担当し

加賀百万石を代表する立派なものでした。
















江戸町跡(現、茶店)


慶長6年(1601年)、三代藩主前田利常に

二代将軍徳川秀忠の娘珠姫が輿入れした時に

江戸からお供してきた大勢の武士等が長屋を建てて

移り住んだ町なみ。








金沢城は

先の大戦により軍の使用になり

旧第六旅団司令部が置かれていました。






戦後、

金沢大学が入り教育の場になりました。

お城の中にある大学として、石川門をくぐる

金大生の誇らしげな様が目に浮かぶようです。












度重なる火災により

石川門と三十軒長屋以の建物は消失してしまいました。

が、2001年より

古文書や古絵図等を元に復元されていきました。




石川門内側から見る






平成の大修理、復元整備事業から

金沢城は天守閣は無いものの、木造建築として

国内最大の規模となっています。





「かほく門」内側から






城の守りは、「石川門」「かほく門」「橋爪門」の3つ





石垣は「粗加工石積み」という

形や大きさをそろえた割石を積んでいく技法が

取り入れられています。





大手堀り