立金花の部屋へようこそ  


金沢の四季



里山の四季



鎮守の森ギャラリー




 金沢のお菓子



伝統に加えて

可愛さやおしゃれを意識し

若者にも口に合うお菓子がいっぱい!


金沢駅の「あんと」(金沢弁であんやと)でご賞味下さいませ。






森八「長生殿」


日本三名菓の一つである

「長生殿」は

三代藩主前田利常の創意により

小堀遠州の筆による

三文字を原型に創製したのが

始まりという。


貴重な徳島の阿波和三盆糖に

北陸産のもち米粉、紅色の落雁は

紅花の天然色素にて

染め上げるなど

伝統的な製法を守り

当時から一切の変化を

加えず作られている。


故に

『森八』の「長生殿」は

落雁の最高級品といわれ

金沢の名物となっている


中田屋「きんつば」





艶やかで

ふっくらとした大納言小豆の厳選。

うっすら薄焼きの皮と

しっとり一体化する餡の炊き具合。

さらりとした

甘さを引き立てる塩加減。

[きんつば]は

簡素な菓子ながら

中田屋の技のすべてを語ります。

大粒のそして皮が軟らかく

粒ぞろいの北海道・大納言小豆を

選び粒をつぶさないよう

じっくりと煮あげます。

砂糖と寒天を加え、

小豆の風味を引き出した餡を

舟に流して四角く切り分け、

薄衣をつけて

一つひとつ丁寧に仕上げました

俵屋「あめ」



創業天保元年(1830年)

城下町金沢で

連錦180年余り母乳が出ず

困りはてた母親達を

見かねた初代・次右衛門が

母乳のかわりになるものは

ないかと苦心の末、

つくられたのがはじまり。

創業以来

伝統の技と味を

今に伝え、受け継がれております。




「ル ミュゼ ドゥ アッシュ YUKIZURI〜雪吊り〜」



世界的パティシエ「辻口博啓」が、

生まれ故郷である石川をモチーフにした創作菓子。

北陸の冬の風物詩「雪吊り」の縄に見立てたパイには、

地元の卵、牛乳をふんだんに使い、

軽い食感を生むために米粉を使用しております。

仕上げに能登の梅酒を使用したシュガーを塗り、

縄に雪が積もる情景を

お菓子で表現しております。

かわむら「甘納豆」


砂糖で固めていないため、

仕上がりがしっとりしていて、

甘さも控え目です。

そのため原料の味がよくわかり

美味しいというのが評判なのです。

聞くところによると

もともとここの甘納豆は、

芸妓さんが常連さんに送る

土産として人気が出たのだそうです。


(西茶屋街にしか売られていません)

甘納豆処「かわむら」の画像はインターネットより。



TOPへ