立金花の部屋へようこそ

兼六園パート3



根上松(ねあがりのまつ)

「蒼古」を感じるむき出しの根は
見る人に大地に生きる迫力を感じます。
高さが150mの黒松の木で、盛り土に植えたのち
成長後に土を取り除くことで完成した。



集英社の日本の庭園美より撮らせていただきました。




曲水(きょくすい)

優雅に流れる「水泉」の美しさ
辰巳用水から引かれた水が、園内を
緩やかに流れる様はほっと安らぐ空間を創り
四季折々に咲く花が彩りを添えています。





眺望台(ちょうぼうだい)


金沢の街を見渡す絶好の「眺望」
遠くは医王山、正面には卯辰山、眼下には金沢の市街が見下ろせる。
晴れた日には、内灘砂丘や日本海まで見渡す事が出来る。

春になると桜が咲き誇り、ピンクのじゅうたんのように見える。






金沢の観光へ