立金花の部屋へようこそ

兼六園パート2



徽軫灯篭(ことじとうろう)


「宏大」な霞ケ池に佇む2本脚の灯篭。

琴の支える琴柱に姿が似ていることからその名がついた。

アンバランスな美しさが魅力で記念撮影のスポット。兼六園のシンボル。








瓢池(ひさごいけ)

水墨画のような「幽邃」の景色
吸い込まれるような蒼の風景です。





五代藩主前田綱紀の時代に策定

この辺りを蓮池庭といい、兼六園発祥の地である。

池は瓢箪型をしているので、

のちに瓢池(ひさごいけ)と名づけられた。





「翠滝(みどりたき)」


霞ケ池から水が流れ落ち、

瓢池に注ぎ込む滝。

涼やかな水音が耳に心地よく別世界に誘います。


噴水


日本に現存する最古のものとされ

噴水より高い位置にある霞ケ池から水を引き

逆サイフォンの原理を利用して噴出している。

人力が生み出した「噴水」なのです。