立金花の部屋へようこそ

兼六園



兼六園の歴史



兼六園は、延宝4年(1676年)5代藩主前田綱紀が

別荘を建てその周りを庭園化したのが始まりとされます。

その後、歴代藩主が作庭を繰り返し

文政5(1822)年に「兼六園」と命名されました。


その後、明治7(1874)年に全面的に一般公開となり

金沢を代表する観光スポットになりました。







兼六園の由来


歴代藩主が180年をかけた兼六園は 


1つ  「幽邃(ゆうすい)」 深山のような奥深さを備える。


1つ  「宏大」 明るく開放的な。

              

1つ  「人力」 池や橋、噴水といった人工物。       

   

1つ  「蒼古」 昔ながらの自然が残る。          


1つ  「水泉」 池水の流れを演出する。          

   

1つ  「眺望」 金沢市街や日本海を見渡す。          



この6つが「六勝」といわれ

兼六園の由来なのであります。